2000年02月20日発見の新言語と発言と作品(3歳5カ月)

ちゃくが描いた自画像。顔の両端の丸は耳。その内側はほっぺたらしい。
sakujigazou.jpg

「手で考えとう」
 ブロックで遊んでいたちゃく、ブロックがうまくはまらず、かんしゃくを起こしているので、かぁが「ちゃんと頭で考えたらはまるでしょ」と言うと、「そんなんでけへんわ。だって、手で考えとるねんもん」。・・・お前は宇宙人か。

「もらいもんやけど、ごめん言うとって」
 バレンタインデーにじいちゃんにチョコレートをあげることにしたちゃく。実はそのチョコは、一茶がもらってきたモノを使い回ししたもの。ちゃくは、ばあちゃんにチョコを預けて一言「もらいもんやけど、ごめん言うとって」・・・。おばはんみたいやなぁ。

「ズコっ」
 最近、かぁがおもしろくない駄洒落を言うと、すかさず、ちゃくが「ズコっ」と言ってる。

「次の子どもは?」
 かぁ、ちゃくに「次に子供が生まれるとしたら、男の子かなぁ、女の子かなぁ」
 ちゃく「んー、子どもやろ」。オイオイ。

「ポッポッポー」
 足の裏にタコができているかぁ。カッターみたいなのでそぎ落としていたところ、ちゃくが「ポッポッポー、鳩ポッポー、足の皮はおいしいぞー(この辺から、字余り)、みんなで仲良く食べましょう・・・」と歌っていた。

「にんじゃ」
 一茶とお風呂に入っていたちゃく「今日、にんじゃに行ってん」
 一茶「にんじゃ、じゃなくて神社やろ?」
 ちゃく「いや、にんじゃ」
 一茶「??どんな事したん?」
 ちゃく「(お賽銭箱の上の鈴を鳴らすまねをして)ガラガラ・・・とか」
 一茶「だから、そりゃ神社や、神社」

「誰に言うとん?」
 一茶とかぁとちゃくがお出かけ。ゆっくりゆっくり階段を下りているちゃくと横で見守っていた一茶。かぁは先に降りていて、あまりにゆっくりなので、「だっこしよか?」と一言。ちゃく、それに対して「誰に言うとん?」・・・お前しかおらんやろ。とほほ。

投稿者 ISSA : 2000年02月20日 17:17


コメント